9. 海外進出の第一歩:フィリピン・セブ島親子留学

リオと私のセブ島親子留学

2010年の夏、私たちの親子の42日間のセブ留学が始まりました。

 

私たちの留学先は、セブ市のマクタン島に位置した、ほとんどの講師がネイティブということを売りにしている語学学校でした。

夏休みということもあってなのか、韓国人、台湾人、ロシア人、日本人と多国籍な学生達で賑わっていました。当時、日本人学生は全学生の20%以下でした。

 

授業はどうだったのかは、あまり覚えていません。

 

私達のセブ島留学の目的は、英語の勉強だけではなく、人生の転換期としてこれからの人生の方向性を考えることでありました。

 

そして、そこでの出会いが私たちの人生の方向生を大きく変えたのは間違いありません。

 

国籍、年齢に関係なく私は多くの学生や講師から子供の教育の事、生活の事あらゆる情報を集めました。授業時間はほとんどプライベート会話と情報収集へと変わっていきました。

夏休み時期ということもあり、各国からの親子留学の学生も少なくなかったのです。

日本からお母さんの話では、2年間以上、海外の認可された学校に留学すれば帰国子女枠として、日本の有名私立小学校に編入しやすくなるというのです。

 

また、韓国からのお母さんは、子供の教育のために長期計画を立てセブ島に来ていました。フィリピンの語学学校で基礎英語を3ヶ月間勉強した後、授業費が安いフィリピンで私立小学校に子供を通わせるのです。フィリピンの私立学校での授業は英語で行われるのです。英語をマスターした後、親子でオーストラリアに移住する計画でありました。オーストラリアで3年以上移住すると永住ビザが取れるらしいのです。永住ビザを取得できればオーストラリアの高校、大学の学費は外国人価格ではなく現地価格となるというのです。

 

各国のお母さんたちの子供の将来計画に、私は、『私の世界はなんて狭いんだ』衝撃を受けました。

 

そして、お母さん達の情報の信憑性をインターネットで調べるとともに、講師たちからは、フィリピンの私立学校の情報を集めました。

 

黒人アメリカ人講師ドミニクのフィリピン人妻はフィリピンネグロス島ドマゲッティ出身であり、そこにはフィリピンで有名大学であるシリマン大学、そしてシリマン大学付属小学校があります。

彼自身も家族と一緒にセブ島よりドマゲッティに移り住み、リオと同じ年の息子をシリマン大学付属小学校に入学させたいとのことでした。

ドマゲッティはダイビングでも有名な街であります。私は看護師時代に同僚たちとダイビングで3回訪れています。海沿いの街並みは西洋を感じさせるおしゃれなレストランが立ち並ぶ素敵な街です。実際に多くの西洋人たちが滞在していました。

 

私たち親子の方向性は決まりました。

来年2011年の6月にリオとドマゲッティに移り住む。

 

そして、シリマン大学付属小学校に入れる。

2年後には、日本の私立小学校に帰国子女として編入もしくは、韓国のお母さんの計画のように他の国に出るという手もあるのです。

2年後の方向性はその時に考えればいいのです。

 

がむしゃらに働き続けた看護師時代の蓄えも十分にありました。

離婚後、養育費として月20万円くらいの収入は入るだろう(実際には18万弱でした)が、日本でリオを私立小学校や習い事に通わせるには十分ではありません。

しかし、フィリピンであれば、リオの教育も含め親子二人で十分暮らしていけるのです。

私の頭の中に、シミュレーションは描かれました。

あとは、環境を整えるのみです。

 

ドミニクにドマゲッティでの住居と家具等の購入等の移住するにあたっての環境作り、そしてリオのシリマン大学付属小学校の入学準備を依頼しました。

安全確認のために実際にドミニクの家族と子供たちとも会いました。

リオを連れていくためには十分な環境を整えてから移住先のドマゲティに移る必要があるからです。

 

ドマゲッティに移るまでの3ヶ月間、授業、食事、掃除、洗濯その上セキュリティが確保されているセブ島の語学学校に滞在することを決めました。

 

2010年夏のセブ滞在中に約7か月後の2011年3月に入学を決めた語学学校の入学手続きを済ました。

 

その留学先の語学学校が、後に私が起業することになるBAYSIDE ENGLISH CEBU RPC キャンパスであります。

当時は韓国人が経営する語学学校Regent Pacific College(RPC)でありました。

 

その当時は、そこで起業する事になるとは夢にも思わなかったのです。

 

この2010年夏のセブ島留学は、多くの素晴らしい人たち、後ほどの私のビジネスに大きく関わってくる人達との出会いがありました。

 

私のグループクラスのクラスメイトでスタッフでもあった韓国人のレイナ、ロシアに10年以上暮らしロシア語を流暢に話す彼女は、セブ島の語学学校にロシア人を連れてきた一人者と言っても過言がありません。彼女は後ほどBAYSIDE ENGLISH CEBUの韓国人マネージャーとして韓国、ロシアマーケットに大きく貢献していくことになっていくのです。

そして、日本語、中国語を流暢に話す韓国人ジャスリン。彼女も後にBAYSIDE ENGLISH CEBU の韓国マネージャーとなり韓国、台湾、中国マーケットに貢献することになるのです。

当時は、そんなことになるとは、夢にも思わなかったのです。

 

日本には、本音と建前の文化が定着しています。日本社会ではストレスや問題等を心の奥底に閉じ込め装飾した顔を表に出していかなければならないのです。

しかし、日本でのしがらみから解放される海外では心も解放されるのです。殻をかぶせて心の奥にしまっていた悩みなども打ち明けることもできるのです。

 

私より3歳年上で7歳の娘と親子留学に来たエステシャンの優子さんに(仮名)、私は離婚するにあたっての不安を打ち明けました。彼女もまた、旦那さまの浮気に悩んでいました。

彼女はセブ留学後、離婚カウンセラーとして、そして現在、夫婦円満カウンセラーとしてテレビ、雑誌にも登場する有名人となっています。

 

お母さんと弟とともに親子留学に来たサナギちゃん(仮名)彼女はお母さんに内緒にねっとそっと私に話しました。

彼女はアフリカに旅行した時にアフリカに恋をしたのです。セブで英語を学んだ後、アフリカに写真を撮りに行くのだと。

彼女とは、それ以来交流がありませんが、後日、アフリカで少数民族を撮影する写真家としてテレビ、新聞、雑誌で彼女の姿を多く拝見することになるのです。

 

そして、当時18歳大学生のイッシー、彼は2012年8月のBAYSIDE ENGLISH CEBU 開校時に50人近くの大学サークルの学生達を引き連れ開校を盛り上げてくれる事になるのです。

 

また、彼の同期であった大学生二人、ハルとマルと共に私はBAYSIDE ENGLISH CEBU を立ち上げることとなるのです。

 

20歳の青年タカ、彼はこのセブ島留学より、セブ島に永住することになります。

現在、すべてを失った私がリオとは離れフィリピンの田舎でフィリピン人達と暮らしていることを知る3人だけの日本人のひとりであります。

彼は、私の住むフィリピンの田舎にフィリピン人妻と娘を連れて時々遊びきてくれます。彼は28歳になりました。

 

彼は、いつものように軽い口調で言いました。

「綾子さんが金持ちでも貧乏でも犯罪者でも僕と綾子さんが友達ってことは変わんないっすよ。ただ、死なないでくださいよ」と。

 

 

そして、何よりも私が、リオとフィリピン移住を決めた決定的な理由は、フィリピン人の人柄であります。

私のセブ留学は、ほとんどと言っていいほど勉強しませんでした。とにかく講師達とプライベートの会話を楽しみました。

フィリピン人講師達は22歳前後です。彼らの給料は日本円にして月2万円程度しかありません。そして彼らは、給料のほとんどを家族に仕送り稼ぎ頭となっているのです。

また、リオと同じくらい、もしくはリオより幼い子供たちは路上でネックレスなどの民芸品を売り家族の生活を助けています。

一見かわいそうと思いますが、そうではありません。それは、彼らの笑顔を見ればすぐにわかります。どうしてそんなに楽しいのだというくらいの万遍の笑顔には幸福感が満ち溢れているからなのです。日本であんな笑顔を見たことがありません。

 

インフラが整い生活に何不自由がなく規則ただしく時間に縛られて生活している日本人が忘れかけていたもの置き去りにしてきたものが彼らにはあるのです。

 

留学をきっかけにフィリピンに移住する若者が多くなってきています。

フィリピン人達の幸福感が満ち溢れた笑顔に人生観が変わったという人も少なくないでしょう。

 

リオのセブ島留学は、日本で3年近くホストファミリーとして、多くの外国人達と生活を共にしていたこともあってか、国籍が違う友達でもリオには全く抵抗はありませんでした。

 

40日だけの英語学習でどのくらい英会話力が上達したかはわからないですが、とにかくリオは楽しんだようでした。

 

セブ島との出会い

韓国人スタッフたちとも

 

韓国人スタッフたちとも

フィリピン人講師とも

 

セブ島との出会い

休憩時間も

 

休憩時間も

ネイティブ講師とも

 

セブ島との出会い

アクティビティも

 

ネイティブ講師とも

ママとも

 

セブ島との出会い

卒業式の発表会でも

 

現地路上で物売りの子供たちとも

セブ島との出会い

セブ島との出会い

セブ島との出会い

セブ島との出会い

セブ島との出会い

物売りの子供たち1

 


NEXT

10.フィリピン移住への第一歩:セブ島親子留学 ⅡRPC


 

リベンジ(再起):目次スクリーンショット 2018-01-15 18.49.08


-9-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください