フィリピンで土地を購入する方法

フィリピンの土地は、私達外国人は購入できません。したがって、フィリピンで土地を購入する場合、信頼できるフィリピン人パートナーは必須です。

フィリピン人配偶者と共に土地を購入する

フィリピン人の配偶者を持つ外国人であれば、土地はフィリピン人パートナーの名義で建物は外国人名義で購入をしているケースが多いのではないでしょうか?

この場合は、フィリピン人配偶者との婚姻関係が破綻した場合や、フィリピン人配偶者が死亡した場合等には問題が出てくる可能性があります。

私達外国人が土地を購入する場合、将来的に配偶者や子供達に土地を捧げる気持ちで購入した方が良いのではないかと思います。

 

フィリピン人妻と共に土地を購入し、妻の死去後に土地権利を争う裁判となってしまった日本人夫のお話です→ フィリピンビジネス光と闇!!! 落とし穴に落ちた日本人

 

会社で土地を購入

会社名義で土地を購入する方法もあります。

しかしながら、私は自己経験から会社名義で土地を購入する事はお勧めできません。

何故ならば、地域や職種によって違いがありますが、外国人が保持する会社の株の配当は、0%から40%です。

ここフィリピンでは、株主であるフィリピン人による会社乗っ取り、もしくは、株主フィリピン人を利用して同胞による会社乗っ取りが、合法的に容易くできる状況があるからです。また、そういう事例も多いからです。

さらに、会社名義で土地を購入した場合土地権利書の名義変更の手続きが相当困難であり、相当の時間と手間が掛かります。

会社名義で土地を購入し、失敗した事例をご紹介します。

2014年、私達は、メイン道路沿いで海沿いでもある2ヘクタールの土地の購入を試みた事がありました。

その土地は、シンガポール人が経営していた会社名義の土地でした。

土地を購入する場合の売却契約書には、最低でも株主の過半数と合計60%の株主の署名は必須です。

しかしながら、私達が購入を試みた土地を保持する会社は既に運営を停止し40%の株を保持するシンガーポール人は国外に出て行方不明となっていました。さらに、数人のフィリピン人株主の行方も不明となっていました。

したがって、60%以上の株主の署名を得る事ができないこの土地の売却は不可能でありました。最高の立地条件でありながら、今だに荒地となっています。

会社名義で土地を購入した場合、将来的に、会社経営状況、政情、株主間の決裂等による問題が出くる可能性があるかと考えます。

 

フィリピン人ビジネスパートナーと土地を購入

別の方法として、フィリピン人ビジネスパートナーと土地を購入する方法もあります。この場合は、大抵は外国人と土地名義のフィリピン人との間で長期の賃貸契約を結んでいる事が多いのではないでしょうか?

地域によって相違があるかも知れませんが、私の住むセブ州では、個人の土地の賃貸契約は25年まで、営業目的では50年までの賃貸契約が可能です。

もしくは、土地名義人と外国人との間で土地を担保とした借金契約を結ぶ方法もあります。ビジネスパートナーとの関係が悪化してしまった場合に、フィリピン人同士であれば担保として土地を得ることができます。しかし、外国人は土地名義人となる事はできません。したがって、信頼関係のある別のフィリピン人パートナーへ土地売却契約を行います。

 

フィリピンで土地を購入するのも、建物を立てるのも、ビジネスを展開するのも、全ては、フィリピン人と外国人との信頼関係にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

 

感情の国フィリピン。

フィリピンという国、そして、フィリピン人を信頼し愛すること。お互いに尊敬し合う心が一番の問題解決なのかも知れませんね。

 

次に、フィリピンで土地を探す方法について述べます。

 

 

“フィリピンで土地を購入する方法” への4件の返信

  1. FBで友達登録させていただいておりました。先月ボホールに語学研修を兼ねて行ったのですがフィリピン人の人柄や土地柄に魅了されました。
    もっと色々とフィリピンのことを知りたいと思いますので、ブログ更新を楽しみにしております。
    今後ともよろしくお願いします。

    1. ありがとうございます。私は、ここ、フィリピンに移住して約10年、フィリピン人の人柄や土地柄に魅了され続けています。今度とも、どうぞよろしくお願いいたします。

  2. 始めまして。セブ市に住宅用土地を買いたいのですが情報を提供していただけますか。

    1. 私は不動産屋さんではないので、物件についての情報はありませんが、現地でお気に入りの住宅街に足を運び、住宅街のセキュリティーガードに売り物件について聞くのが良いかと思います。日本人経営の不動産屋さんに問い合わせするのも良いと思いますが、かなりの手数料がかかるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください