41. 恐怖で動けなかった2ヶ月間

東進ハイスクール元カリスマ講師 山中博の陰謀:フィリピン追放

2017年2月9日、いつも帰国する際に使う14:35着PR409便で、関西空港に到着しました。

いつものように父親が空港の到着口で待っていました。

ただ、いつもの帰国とは状況は違います。

私も父親も疲れ果てていました。

実家までの車の中で、父は私に淡々と話しました。

私がフィリピンに送ったお金は、40年間サラリーマンをしていた収入を4人の子供を育てながら母親がコツコツと貯蓄していったものであること。

母親が入院していること、父親は去年発症した脳梗塞と持病で不自由であること。

小学5年生のリオの日本語能力はひらがなとカタガナがわかる程度で学校に行かないこと。

リオは何かと反抗し大変であること。

 

2016年末、私は、リオに危険が及ぶことを回避するため、冬休みを日本で過ごすという名目でリオをひとりで日本へ帰国させました。

 

約1ヶ月ぶりのリオとの再開であります。

 

リオは、私の顔を見た瞬間に満面の笑みとなったのです。

あの時の彼の顔は二度と忘れることはないでしょう。

 

動けなかった2ヶ月間

 

リオは、約8年前、彼が4歳の時に、私と共にフィリピン、セブ島に移住しました。

彼の母国語は、すでに日本語ではなく英語でした。

日本語は話せるが読み書きは不十分であったのです。

 

セブ島で彼は輝いていました。

彼には夢がありました。

学校が大好きでした。

多くの友達がいました。

 

毎週末には、自宅には色々な国籍のたくさんの友達が集まり、夢を語り合っていました。

自宅はいつも大勢の子供たちで賑わっていました。

その時間が私達親子にとって最高に幸せな時間でした。

 

リオは、ママが迎えに来た。家に帰れると思ったのです。

 

フィリピンの学校は、小学校であっても出席日数と試験結果で進級が決まります。

長く休むと進級できなくなるのです。

彼は「ママ、バケーションって言ったやん 僕6年生に上がれんようになるやん」と必死に訴えました。

 

もう、二度とセブには帰れないと説明しても11歳のリオには当然理解できないのです。

 

お友達ともお別れも言うこともなく突然の日本の学校への転校。

授業も日本語で先生の言っている意味がわからないのです。

 

 

父親は母親の病気のことで心が壊れそうでした。

父親は、私がリオを7年前にセブ島に連れて行ったせいでリオがかわいそうな子になったとリオの前で嘆きました。

リオは、どうしていいのかわからなくなりました。

リオは荒れていたのです。

リオは言いました。

「僕なんか生まれてこない方が良かった」と

子供にこんな事を言わせるなんて、、、最低な母親です。

 

情けなくて、リオが愛おしくて、可哀想で、それでも、どうしていいのかわからないのです。

 

フィリピンセブ島での永住を考えて自宅も購入しました。

たった、3ヶ月で何が起こったのか私自身も整理ができていなかったのです。

 

日本語が不十分なリオをインターナショナルスクールに入れる資金も私にはもう残っていません。

 

そして、私自身も立ち上がることができないのです。

 

また、恐怖に怯えていました。

何が恐怖だと言えば、東進ハイスクール元カリスマ講師山中博が率いる彼らは、私の個人メール、個人スカイプすべての私の個人データーを持っているのです。

そして、東進ハイスクール元東進ハイスクール元カリスマ講師 山中博はBAYSIDE ENGLISH CEBU の経営権が私から山中博に移ったことを隠していました。

言い換えれば、私になりすまして投資を集めることも可能でなのです。

 

すべてを失った上に犯罪者のお面まで着せられるのではないかと怯えていたのです。

リオや家族を犯罪者の家族にするのではないかと怯えていました。

 

2ヶ月間、私は動き出すことができませんでした。

 

母親が病院に入院中、リオも私も父親も廃人のようでした。

 

その状況を知った友人が

「リオのためにも戦わないと」

と背中を押してくれたのです。

 

とにかく3ヶ月間で起こったことを書き出して状況を把握することから始まりました。

 

そして、彼らのしたことに法的制裁を与えるために刑事告訴に動いたのです。

 


NEXT

 42.非道な東進ハイスクール元カリスマ講師への挑戦状挑戦状


リベンジ(再起):目次スクリーンショット 2018-01-15 18.49.08


-41-

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください